イラストを描くのに便利なペンタブレットを使いやすくする方法

こんにちはMiya(@Miya_noir)です。
今回はイラストを描く際に便利なペンタブレットについての記事になります。

パソコンでイラストを描くのにマウスではとても難しいため、紙にペンで描くように、ペン状の入力デバイスを使うための周辺機器になります。

ペンタブレットの種類について

今現在、ペンタブレットには主に2種類に分けることができます。
※スマホやiPadなどのタブレット端末は除く

ペンタブレット(板タブレット/板タブ)

ペンと入力領域用の板がセットになったものです。
パソコンのモニター(一部の対応端末ではスマホやタブレットも可能)に映っているマウスカーソルをペンで動かすことができるようになります。

メーカーによってはペン自体に電源が必要なものもあります。
有名なwacom社のものはペン先の種類も豊富+ペンの充電不要+大抵のイラストソフトに対応しているのでオススメ。

液晶タブレット(液タブ)

ペンとペン入力対応の液晶モニターがセットになったもの。
液晶に映されたイラストソフトをそのままペンで操作できるのでとても便利。
(感覚としてはiPad+Apple Pencilみたいな感じです)
また、板タブと比べると高価です。

板タブレットを使いやすくする!

液タブは持っていないので割愛せざるを得ませんが、
板タブは長く…持っていたので今回は板タブを使いやすくする方法のメモです。

ペン先を替える

板タブを購入したときに最初についているペン先はプラスチック製で、いざ描こうとすると滑ってしまい、正直描きにくいです。
『紙には上手く描けるのに、ペンタブ使ってパソコンだけで描くのは難しい!』と感じると思います。

そこで、付属しているプラスチックのペン先をフェルト製のペン先に替えます。
ただし、FAVOやBamboo、新Intuos(Proじゃない方)などでは付属の替えペン先がプラスチック製のみ、という場合もあります。
ペン先は消耗品なので、予備として購入しておく方が良いのでフェルト製のペン先を購入したほうが良いかもしれません。

タブレットを紙に近づける

製品にもよりますが、タブレット側もつるつる滑る素材の場合があります。
オプション品でオーバーレイシートもありますが、手っ取り早く描きやすくするならコピー用紙
タブレットの描画領域にコピー用紙を外れないようにテープで止める!
これで『紙に描いた感覚』になります。
それに汚れたり、破れたりしてもすぐに交換できるのは楽です。
もちろん、お好みの紙を使ってもいいと思いますが、あまり厚い紙だとペンが反応しなくなる可能性もあるので注意してください。

角度をつける

私はキーボードも少し角度をつけるためにキーボードについている角度調整部分を立てています。
ペンタブも同じく、少し斜めに角度をつけることで、描きやすくなりますし、描く時の姿勢もよくなります。
私はDAISOの読書台を使っていますが、自分の使いやすい角度にならないかもしれないので色々試してみてください。
ペットボトルの蓋とか、書籍などを置いて調節している方もいます。


今回の方法、今までやったことなかったんですけど、ホントに使いやすく・描きやすくなります!
もっと早くやればよかったと少し後悔しています。

ちなみに、『どの板タブがオススメ?』かと聞かれれば『wacomのIntuos(Pro)』と答えます。
理由としては、使用するイラストソフトの対応状況ですね。
別メーカーのものを(安さと外観のかっこよさから)使っていた時、OS(Win10)のバージョンアップでドライバーが出なかった事がありました。
無理やり互換性のあるWin8用のドライバーで動いていたんですが、今度はイラストソフトのバージョンアップで非対応になってしまいました。

ペンタブってそうそう壊れないので、一度購入すれば長く使用できるんですよね。
なので長い目で見て、タブレット界で最大手と言ってもいいwacom社のものを選んだほうが良いです。
その中でもプロ使用のIntuos Pro(旧Intuos 4、5系)が良いです。
最初から複数の替えペン先が付属していますし、ペン先収納付きペンスタンドもあるのでおすすめできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました