押入れ用キャスターすのこ棚を作る-その1-

DIY キャスター付すのこ棚を作るぞDIY

こんにちはMiya(@Miya_noir)です。
前回はリメイクシートについて書きました。
今回は押入れ収納を増やすキャスター付きすのこ棚について書いていきます。

キャスター付きすのこ棚

キャスター付きにしたのは移動のしやすさですね。
意外と押入れってほこりが溜まってしまうので掃除しやすさを考えました。
そして、既製品だとちょっとお値段がかかってしまう+私が欲しいサイズがなかなか無いのです。

  • 桐すのこ W750 x D330 x H27mm 2枚組x3セット
  • 桐すのこ W500 x D330 x H27mm 2枚組x2セット
  • ストッパー付きキャスター 4個
  • ストッパー無しキャスター 4個
  • 木ネジ
  • お好みのペイント剤

すのこ棚2つ分です。
キャスターは100均でもあるんですが、耐荷重を考慮してホームセンターで購入しました。
探せば100均でもあるんでしょうけど、面倒でした💦

ペイントしない場合はペイント剤はいりません。
私は幅の狭い方をアースホワイト、幅の広い方(棚板になる)をスモーキーグリーンにしようと思って100均で買いました。

NATURAL MILK PAINT

今回はDAISOのNATURAL MILK PAINTを5本ずつぐらい購入しました。

塗装前にヤスリがけする

塗装前にヤスリがけしておくとキレイに塗装できます。
#150あたりでヤスリがけしておくのがオススメらしい。
ちょっと粗目ですね。

ホントなら2度塗りする前にもしたほうがいいらしいですが、今回はしませんでした。
(乾くのを待てなかった💦)
#240~400で掛けておくとキレイに塗装できます。

サンダーがあると楽!

細かい部分は手でやりますが、広いところやすのこのようにまっすぐなところがある場合、サンダーがあるととても楽です。
100均にもありますよ。
サンダー用にカットしてある紙やすりもあるので便利です。

アースホワイト3本使いました

正確に言えば2.5本ぐらいです。
それだけだとちょっと塗りにくかったので、少量の水と混ぜて塗りました。

まだスモーキーグリーンは塗っていません。
刷毛をもう1本買っておけばよかった💦
でも乾かす場所がないのでいいか。

塗装したらボンドで仮止め

F型クランプ

仮止めする場合に欲しいのがクランプです。
洗濯バサミのようなクランプは持ってるんですが、できればF型クランプが欲しいところ。
これが…今、みんなDIYやってるのかわかりませんが品切れ中で💦
@1個欲しいところです。
(棚の左右を固定したいので複数個、できれば4つ欲しい)

ボンドが乾いてしっかり固定できたら木ネジを打つ場所に下穴を開けます。
アイリスオーヤマの電動ドライバーのビットだけ100均で買ったドリルにして使ってます。

背板も用意

100均すのこよりもサイズが大きいので、背板も今回はつけたいところ。
棚板と同じサイズのすのこを1組多めに購入しておいたので、それを背板にしようと思います。


今回すのこを購入したホームセンターでは幅は異なるけれど、
奥行きは同じサイズのすのこが2枚セットで販売されていたので、
そちらを利用しました。
お手頃価格で助かりましたし、徒歩圏内でホントに助かった。
(免許あるけど車ない&ペーパーなので運転怖い)
ちなみに、サービスカウンターで申し出ればホームセンターの大きなカートを貸してくれます。

BLACK & DECKERのマルチエボがめっちゃ欲しいです。
あとワークベンチも。
ワークベンチはまず置く場所ないですけども。
マルチエボはマジで欲しいですね。
ヘッドを変えればドリルにサンダー、ソーなども使える便利な道具です。
近所のホームセンターのレンタル工具もこれだったります。

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました